2013年4月から生命保険の保険料が引き上げられます。

これは契約者が支払う保険料が10年もの国債の利回りによって決められるからです。

10年もの国債の応募者利回りが低下したため、10年もの国債の標準利率が1.5%から1.0%に引き下げられることになりました。

保険会社は契約者から支払われた保険料を運用して、支払う保険金にあてますが、標準利率が下がったことにより収益も下がることが予想されます。

そのため生命保険料をあげることで収益を確保するのです。生命保険料が上がる率が高い商品は長期にわたり積み立てるような貯蓄性のあるもので、終身保険や養老保険、個人年金、学資保険などです。

すでに加入済みの保険は対象外で、4月以降に契約、更新したものが値上げの対象となります。このような長期にわたりかける保険の加入を検討している場合には4月までに加入した方が良いでしょう。

長い間かけるものですから複数の会社や商品を比較検討して、じっくり選ぶことも大切です。
暇つぶしサイト自動車保険口コミ